ZEN-NOH Recruiting 2020

ABOUT US

JA全農について

滋賀県本部

近江米、近江牛、近江の茶など、さまざまな農畜産物が生産される。

滋賀県は、県の中央に総面積の約6分の1を占める日本最大の淡水湖・琵琶湖があり、四囲の山々を源とする大小120余りの河川が穀倉地帯を潤して湖にそそいでいます。気候は、南部が太平洋型東海型および瀬戸内海型、北部が日本海型北陸型と対照的です。 こうした条件のもと、基幹作物の「近江米」をはじめ、「近江牛」「近江の茶」「近江の野菜」「近江黒豆」や全国上位の生産量がある「麦」「大豆」など、各地域でさまざまな農畜産物が生産されています。滋賀県本部はこれらを実需者へ結び付ける等の積極的な販売推進に取り組んでいます。 滋賀県本部では、営農事業、米穀事業、園芸農産事業、畜産事業、生産資材事業、施設事業、燃料事業、生活事業を8つの柱とした事業展開を行っています。

全国農業協同組合連合会 滋賀県本部(JA全農しが)

ホームページはこちら

■県本部所在地
〒520-0044滋賀県大津市京町4-3-38

■職員数
172名(2018年10月1日現在)

■部署名
管理部 米麦農産部 営農資材部 畜産部 生活燃料部

■主な事業所
栗東総合センター 野洲総合センター