ZEN-NOH Recruiting 2020

ABOUT US

JA全農について

JA全農の経営理念

私たちJA全農は、全国の農家・組合員が安心して生産・出荷できるよう、 また、全国の消費者に安全で新鮮な国産農畜産物をお届けし安心して食べてもらえるよう、これからもずっと日本の農業を守るために、 さまざまな事業活動に取り組み続けていきます。

私たち全農グループは、生産者と消費者を安心で結ぶ架け橋になります。私たちは「安心」を3つの視点で考えます。営農と生活を支援し、元気な産地づくりに取り組みます。安全で新鮮な国産畜産物を消費者にお届けします。地球の環境保全に積極的に取り組みます。

JA全農とは

JA全農はJAグループの全国機関として「経済事業」を担う唯一の組織です。
「経済事業」とは、主に農家の生産した農畜産物を販売する仕事(販売事業)と、農家に必要な資材を供給する仕事(購買事業)で、生産者と消費者を結び、農業を営み農畜産物を生産するための基幹を支える重要な役割を担っています。これらの事業を、地域に密着し各地のJAと密接な活動を行う34の都府県本部と全体的な企画や施策の立案・実行を行う本所が連携しながら事業運営をしています。

協同組合と全農

JA(=農協)とは、全国各地の組合員の参加と結集により、それぞれの地域に密着して事業活動を行う農業の生産者団体です。このJAでは、組合員の生産した農畜産物を共同で販売したり、農業生産や生活に必要な資材や物資を共同で購入するといった「経済事業」をはじめ「指導事業」、「信用事業」、「共済事業」を柱に幅広い事業を展開しています。
これらの事業をより効率的に行うため、地域のJAとともに、「都道府県段階」の組織と「全国段階」の組織で構成されているのがJAグループです。
JA全農はJAグループの「経済事業」における全国段階を担う唯一の組織であり、都道府県段階のJA連合会のうち34連合会が統合して、JA全農の都府県本部となっています。