ZEN-NOH Recruiting 2020

ABOUT US

JA全農について

長崎県本部

びわ、みかん、ばれいしょで全国トップクラスの生産量を誇る。

長崎県は九州の西北部に位置し、県土は離島・半島地域が大部分を占めており、地形は複雑で急傾斜地が多い土地柄です。降水量は年間2000ミリに達する多雨地域で、温暖な気候を活かしてさまざまな野菜や果実、畜産の生産が行われています。 全国一位の生産量を誇るびわをはじめ、みかん(マルチ栽培被覆率全国一)、ばれいしょ(全国第二位)、いちご(系統栽培面積第三位)等が栽培され、温暖化に対応した品種長崎県産米「ながさきにこまる」は平成18年から全国に先駆け発売し、平成24年には「ながさきつや姫」を発売しました。 畜産では全国第8位の肉用牛の飼養頭数を誇り、「長崎和牛」のブランド確立に向けて取り組んでいます。また平成24年に長崎で開催された「第10回全国和牛能力共進会」では、将来を担う若雄牛の能力を競う肉牛部門で日本一に輝きました。 これらの様々な農畜産物を全国へお届けしています。 長崎県本部は、長崎県JA会館(長崎市出島町)に本部事務所を設置し、その他県内外の各種事業拠点と連携し、8部14課11事業所体制にて運営を行っています。私たち職員はこれからも、地域の特性を活かし、会員JA、生産者、消費者の皆様に喜ばれる事業展開に努めていきます。

全国農業協同組合連合会 長崎県本部(JA全農ながさき)

ホームページはこちら

■県本部所在地
〒850-0862長崎県長崎市出島町1-20

■職員数
220名(2018年10月1日現在)

■部署名
管理部 流通対策部 生活部 生産資材部 園芸部 農産部 畜産部 果汁食品部

■主な事業所
総合営農推進センター(諫早市) 県南広域物流センター(諫早市)