ZEN-NOH Recruiting 2020

ABOUT US

JA全農について

三重県本部

「松阪牛」をはじめとした三重ブランドの生産振興と拡販に取り組む。

三重県では、南北に長い地形や温暖な気候を活かし、全国に誇る銘柄牛「松阪牛」「伊賀牛」をはじめ、生産量全国第3位の「伊勢茶」、極早生の「南紀みかん」などの生産が盛んです。 三重県本部は、新品種や新技術の提案など、担い手の営農活動の支援に取り組んでいます。また、安全・安心な県産農畜産物を消費者の方々に安定して供給するため、年々増加する外食・中食の需要に応える加工業務用の米や野菜の取り扱い拡大、行政や取引先と連携した消費宣伝会の開催などの取り組みを実践しています。 その他、小学生のサッカー・卓球大会に県産農畜産物を贈呈する等のスポーツ支援や、農業の大切さを子供たちに伝えるための「出前授業」を実施するなど、SR活動にも取り組んでいます。

全国農業協同組合連合会 三重県本部(JA全農みえ)

ホームページはこちら

■県本部所在地
〒514-0004三重県津市栄町1-960

■職員数
172名(2018年10月1日現在)

■部署名
管理部 営農対策部 米穀部 農産部 畜産部 生産資材部 生活部

■主な事業所
パールライスセンター(津市) 北勢・南勢茶センター(鈴鹿市、大台町) 松阪食肉センター(松阪市) 肥料農薬センター(津市)