ZEN-NOH Recruiting 2020

ABOUT US

JA全農について

広島県本部

生産性と品質を高める支援とともに、技術指導にも取り組む。

広島県は南は瀬戸内の温暖な島しょ部から北は中国山地の積雪寒冷地域まで多彩な気候風土を持つ変化に富んだ自然環境の恵みを受けるなか、米穀事業はお米を通じて生産者と消費者を結び付ける「JAの結び米」に取組み、園芸事業はアスパラガス、わけぎ、ほうれんそう、トマト、青ねぎ、キャベツ、白ねぎの7品目を重点品目として生産振興をはかっています。畜産事業は広島和牛ブランドの推進やブランド豚肉「お米(マイ)ポーク」を生産、鶏卵事業は生産から販売まで一貫した体制を整え機能性、安全性の高いこだわり商品を取り揃えています。肥料農薬、営農支援事業では土壌診断にもとづく効率的な施肥をすすめるとともにJA西日本営農技術センターを拠点に生産技術の開発・普及、消費者ニーズに対応した栽培技術の確立に向けて試験的な生産・販売を行っています。燃料・生活関連事業は組合員や地域の皆さまにプロパンガスの供給、住宅リフォームを通じて快適な暮らし、安全・安心の品質と国産にこだわった農畜産物・加工品をお届けしています。また、農業機械事業では生産者の規模や要望に沿った適正な機械の提案とアフターサービス体制の強化をすすめています。

全国農業協同組合連合会 広島県本部(JA全農ひろしま)

ホームページはこちら

■県本部所在地
〒731-0124広島県広島市安佐南区大町東2-14-12

■職員数
201名(2018年10月1日現在)

■部署名
改革推進部 管理部 米穀部 畜産部 園芸・資材部 生活部 JA農機県域事業部

■主な事業所
米穀部(東広島市) 畜産部(三次市) JA農機県域事業部(三次市)