ZEN-NOH Recruiting

ABOUT US

JA全農について

福岡県本部

豊富な農産品目を取扱う中、消費者に支持される商品づくりに努める。

温暖な気候・風土に恵まれた福岡県では、福岡のお米(元気つくし等)、いちご(あまおう)をはじめ、なす・ねぎなどの「博多元気野菜」や、みかん・かき・いちじく(とよみつひめ等)などのフルーツが豊富に育っています。麦・大豆は全国でもトップクラスの生産量を誇ります。また、福岡の八女茶は高級茶として高い評価を受けており、とくに玉露は全国有数の生産量です。 このように豊富な品目を取り扱う福岡県本部は、5部 17課20事業場の事業体制で、地域・県内ブランドの確立と安全・安心な農畜産物の提供に取り組んでいます。 事業拠点としては、平成23年度から県内4JAとの農業機械協同事業として広域農機センターを設置、平成28年10月県南JAの農業機械の重整備事業を受託する八女農機整備工場を稼働させました。また、平成26年10月に青果パックセンター、平成30年10月に県南VFステーション、令和元年10月に県北地区広域販売センター及び大刀洗VFステーションを立ち上げ、生産者の農作業の一部(調整・包装等)をパッケージセンターで受託し、農作業の負担軽減をはかることにより規模拡大を促進し、生産基盤の維持拡大・ブランド力向上に努めています。

全国農業協同組合連合会 福岡県本部(JA全農ふくれん)

ホームページはこちら

■県本部所在地
〒810-0001福岡県福岡市中央区天神4-5-23

■職員数
209名(2019年3月31日)

■部署名
営農開発部 農産部 園芸部 農機資材部 管理部

■主な事業所
VF課(福岡市東区) 青果パックセンター(三潴郡大木町) 茶取引センター(八女市)