ZEN-NOH Recruiting 2020

ABOUT US

JA全農について

千葉県本部

「生産県であり、消費県でもある」を 大きな特徴として。

千葉県の農業は、都市農業・平地農業・中山間地農業という3つの特徴を同時に併せ持ち各地域の特性を反映させ、多彩な品目を生産しています。とくに野菜は首都圏の大消費地にあること、温暖な気候に恵まれていることなどから全国トップクラスの産出額を誇っています。また、落花生は質・量ともに全国一で、落花生と言えば千葉県と言われるとおり、千葉県を代表する特産品となっています。 千葉県本部は、こうした『全国屈指の農業生産県であり大消費地県である』という特長を最大限に活用し、事業に取り組んでいます。また、食の安全・安心や環境保全を積極的に進めるため、「生産者と消費者のお互いの顔が見える農業」の実現を目指し、「もっと安心農産物」生産・販売運動に取り組んでいます。千葉県の農業を未来につなげること、全国の食卓に安全・安心・新鮮な農畜産物をお届けすること、農家組合員の生産活動をサポートすることが私たちの仕事です。

全国農業協同組合連合会 千葉県本部(JA全農ちば)

ホームページはこちら

■県本部所在地
〒260-0031千葉県千葉市中央区新千葉3-2-6

■職員数
175名(2018年10月1日現在)

■部署名
管理部 営農支援部 園芸部 米穀部 畜産部 生産資材物流部 生活部

■主な事業所
営農技術センター(成田市) 総合センター(千葉市美浜区)