ZEN-NOH Recruiting 2020

ABOUT US

JA全農について

秋田県本部

土・水・人が一体となって育まれる逸品の農産物を全国へ。

肥沃な大地と豊富な雪解け水、そして匠の技。土・水・人が一体となり、秋田のおいしい農産物ははぐくまれます。そんな秋田の農産物はどれをとっても逸品ぞろい。あきたこまちを始めとする秋田米や、日本三大美味鶏のひとつに数えられる比内地鶏、新品種も続々登場しているりんごなどが、全国各地に出荷されていきます。 秋田県本部は、秋田の農畜産物に誇りをもつ生産者の皆さんと、秋田の農畜産物を待ち望む消費者の皆さんの懸け橋となるべく、さまざまな取り組みを行っています。 今年も「美人を育てる秋田米」のキャッチフレーズにぴったりな7名のミスあきたこまちが選ばれました。古風な市女笠に旅装束のいでたちで、生産者の皆さんとともに全国の消費地に出向き、消費者の皆さんにあきたこまちの魅力を伝えています。

全国農業協同組合連合会 秋田県本部(JA全農あきた)

ホームページはこちら

■県本部所在地
〒010-8558秋田県秋田市八橋南2-10-16

■職員数
241名(2018年10月1日現在)

■部署名
管理部 営農支援部 米穀部 園芸畜産部 生産資材部

■主な事業所
東京園芸事務所(東京都卸売市場) 県南園芸センター(横手市十文字町)