ZEN-NOH Recruiting 2020

ABOUT US

JA全農について

岐阜県本部

「ハツシモ」「飛騨牛」など、地形や気候を活かした農業が営まれる。

岐阜県は、日本の縮図ともいえる変化に富んだ地形と豊かな自然に恵まれています。海抜0mの平坦地から1,300mの高冷地に至るまで、それぞれの地形や気候、風土を活かした農業が営まれています。代表的な農畜産物は、まぼろしの米といわれる「ハツシモ」、岐阜が発祥の地である「富有柿」、全国屈指の高級和牛「飛騨牛」等があげられます。 岐阜県本部では、県産農畜産物を使用した加工商品や学校給食用食材開発、直営レストラン運営、イベントへの参加によるPR活動等、県産農産物のブランド化を図るべく多彩な活動を繰り広げるとともに、生産基盤の充実、担い手の育成等産地づくりにも積極的に取り組んでいます。 農家組合員の営農と生活を支援し、元気な産地づくりと安全で安心な県産農畜産物を消費者へお届けするため、JAはじめ行政、関係機関と連携のもと、岐阜県農業の発展のため日々取り組んでいます。

全国農業協同組合連合会 岐阜県本部(JA全農岐阜)

ホームページはこちら

■県本部所在地
〒500-8367岐阜県岐阜市宇佐南4-13-1

■職員数
180名(2018年10月1日現在)

■部署名
管理部 営農販売支援部 米穀部 園芸部 畜産部 生産資材施設部 自動車燃料部 生活部

■主な事業所
精米センター(各務原市) 機械センター(岐阜市茶屋新田) 美濃事業所(関市)