ZEN-NOH Recruiting

PEOPLE

AGRI TRADERS

和氣 大晟
TAISEI WAKI

東京都本部
生産事業部 生産資材課
2020年入会

  • #県域
  • #営農・生産資材

様々な資材を供給して
生産者の作物生産を支える

Q.どのような仕事をされていますか?

生産資材といわれる作物の生産に必要な資材を供給

生産資材課では、農薬・肥料・生産資材・出荷袋など作物の生産から出荷までに使う様々なものを取り扱っています。また、農協からの問い合わせや購買などの処理を行い、必要に応じて現地まで赴き、組合員から聞き取りなどを行います。加えて農協職員へ向けて講習会なども開催しています。そんな幅広い業務の中で私が担当しているのは、生産資材といわれる作物の生産段階に必要な肥料や農薬以外の資材です。農協からの注文を受けメーカーに発注したり、生産資材の提案や、使用方法などへの回答などを行っています。また、パイプハウスも担当しているため、新設やフィルムの張替依頼があれば現地へ行き、計測や聞き取り等を行い、希望の仕様で見積もりを出します。さらに農協に向けてパイプハウスの建て方講習会なども開催します。

Q.仕事のやりがい・面白さは?

自分一人で仕事を完結するなど成長を感じる時

入会当初は、専門知識の欠如から先輩職員が話している内容がまったく頭に入ってこないため、これでやっていけるのかと不安になりました。しかし、先輩職員とメーカーに同行したり、自分で仕事をこなしたりしているうちに理解が進み、一人で農協へ行って自分だけで仕事を完結できたときは成長を感じました。時には八丈島などの島しょ地区に出張へ行く機会もあるのですが、気分転換になりとても楽しいです。

Q.全農の魅力はどんなところですか?

消費者の「食」を支えるという社会貢献性の高い仕事ができる点

直接的には、組合員や農協を対象とした業務ではありますが、最終的には消費者である市民の「食」を支えている仕事ができることに全農の魅力を感じます。全農職員として大きな看板を背負っているということを忘れず、今まで先輩方が脈々と積み上げてきた信頼を崩さないように頑張ります。また、個人的なことですが全農で働き始めてからは、どんな食べ物でも多くの人の努力の結果、手元に届いていることが実感できるので、そのことに対する感謝を忘れずに残さずご飯を食べています。

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください。

愛車でドライブを満喫

注文から5か月も待ったあこがれの車が最近納車されたので、いろんな所へドライブに行っています。わずか1か月で3500キロに到達するほどドライブを楽しんでいます。また、野球部にも所属しているため、月に数回練習や試合に参加して、いい汗を流しています。

Q.就活生へのアドバイスは?

人の衣食住に関わる仕事をしたい人は全農を考えてみてもいいと思います。自分が何をしたいかわからない方が多いと思いますが、自分と向き合ういい機会です。たまには休んで健康第一で頑張ってください。

この職員の所属本部紹介を見る
index