ZEN-NOH Recruiting 2020

PEOPLE

AGRI TRADERS

用之丸 哲也
TETSUYA YONOMARU

本所
フードマーケット事業部 eコマース事業課
2014年入会

  • #全国
  • #生活関連

全農グループ消費者向け事業戦略の企画立案から運営までを担う

Q.どのような仕事をされていますか?

前例にとらわれない、グループ全体のeコマース事業戦略を立案する

現在所属しているフードマーケット事業部は、平成30年度に新設された部署です。主な業務は全農の消費者向けの事業戦略の企画から実行、運用で、主に飲食事業の「みのりみのるプロジェクト」と農畜産物販売サイトである「JAタウン」を運営しています。
私は全農グループ全体のeコマース事業の戦略の立案、新規事業の企画業務を担当しています。従来の商流にとらわれずに、さらに付加価値をつけていくにはどのようにすればよいのかということを念頭に置き、業務に従事しています。

Q.仕事のやりがい・面白さは?

まだ世の中にない価値を提供するわくわく感

現在の部署で行っている事業戦略の立案や新規事業の企画は、市場や消費者のことを深く知り、他社の動向を整理し、課題やチャンスをまとめる必要があります。これまで、経験の乏しかった私は異動後すぐに、社外のコンサルタントを交えながら、マーケティングの知識を学びました。
まだ世の中にないサービスや価値を提供するために、消費者のことを深く知り、提供できる価値を掘り下げて考えることは、自分も成長できる機会です。さらに、まだ世の中にない価値を提供することは、とてもわくわくすることで、面白さを強く感じます。

Q.全農の魅力はどんなところですか?

「食」で世の中の仕組みを支えている充実感

全農に入会するまでは、スーパーに食材が売っていることに注目することはそれほどありませんでした。しかし入会して、様々な分野について知る機会があると、そのありがたさを痛感します。どのような素晴らしい人も食べ物がなければ活躍することはできません。今の世の中の仕組みを食事という面から大きく支えていることは、仕事をするうえでとても充実感になっています。

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください

「働き方改革」でワークライフバランスが充実

全農では世間の働き方改革の流れもふまえて、ワークライフバランスが良くなっています。業務時間後は、友人と食事に行ったり、帰宅後に勉強したりしています。休日は旅行や家のことをすることが多いです。

Q.就活生へのアドバイスは?

食と農業は深い関係性があるからこそ、今後もなくなることはない分野だと思います。さらに国内外で様々な農業に関する提携やプロジェクトがあり、これからも伸びていく分野だと感じます。全農はチャレンジできる風土があるので、入会後はいろいろな業務に携わる中でキャリアアップやスキルアップが期待できると思います。就職活動は、先の見えない中とても大変だと思いますが、みなさんを必要としているところはたくさんありますので、頑張ってください。

この職員の所属本部紹介を見る
index