ZEN-NOH Recruiting 2020

PEOPLE

AGRI TRADERS

小柳 祐太
YUTA KOYANAGI

本所
酪農部 生乳課
2014年入会

  • #全国
  • #畜産・酪農

高品質な国産乳製品を世界に発信して市場開拓!

Q.どのような仕事をされていますか?

私は、現在、業務用の脱脂粉乳やバター、チーズ、クリームといった乳製品の販売業務を行っています。乳製品の原料である生乳は、他の農産物とは異なり、毎日生産される一方で腐敗しやすく貯蔵性がない液体です。
優先的に牛乳向けに生乳を仕向け、残りの生乳を乳製品向けに確保することで、国内の生乳需給は調整されています。生乳が余っているときは余剰になり、生乳が足りないときは不足するといった特徴を持つ国産乳製品を、安定的に供給することを使命に、毎日試行錯誤しながら生産者と消費者の架け橋となる業務に取り組んでいます。
併せて、国産のクリームやチーズなどの乳製品を台湾に輸出する業務も担当。台湾の輸入企業の展示会に国内の乳業メーカーと一緒に出展した体験が印象に残っていますね。全農は輸出者として国内の乳業メーカーのサポートをする立場で、国産乳製品のPRを行いました。実需者に直接会うことで現場の生の声を聞くことができ、とても勉強になったと同時に「今まで台湾で食べてきたものとまったく違う。とてもおいしい!」と言われた時、国産乳製品の将来性を感じました。
食品を海外に輸出するには各国の貿易制度や食文化、海外品との競合など、様々な障壁があります。それら多くの課題を乗り越え、今後は積極的に「安心・安全・高品質」の日本産乳製品を世界にPRしていきたいですね!

Q.成長を実感する時は?

責任の大きさを感じた時!

2年目から1人で営業担当を持つようになった時ですね。1年目は勉強も兼ね、内部での事務処理が主な業務。2年目から少しずつ営業に出掛けるようになり、対内部と対外部とでは仕事に対する責任の持ち方が全然違うと感じました。外部から見れば私の発言・行動は「全農」の総意と捉えられます。責任が大きくなった分、やりがいも大きくなりました。

Q.仕事のやりがい・面白さは?

売場で目にして安定供給を実感!

自分が販売した乳製品を原料に使用した商品が、スーパーなどに並んでいるのを見かけたときですね。乳製品は生乳の需給調整弁の役割を持っているため需給変動しやすく、安定供給が難しい商材です。消費者に対して供給を切らさないことを常に考え、毎日試行錯誤を繰り返して、国産乳製品の需要を守っています。その1つひとつに苦労があり、そうやって販売した乳製品を使った商品が市場に流通していくと、やりがいを感じます!

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください

趣味は小学生の頃からプレイするサッカー。今も全農のフットサル部に所属し、月に1〜2回の頻度で練習や大会に参加しています。お酒を飲むことも大好きで、フットサルで体を動かした後に仲間と飲むビールが最高の幸せです!最近は全農の福利厚生を利用して、スポーツジムにも通ったり、職場の先輩や同期とゴルフへ行って親睦を深めています。

"就活"一言アドバイス

自分の意思を貫き通せ!

この職員の所属本部紹介を見る
index