ZEN-NOH Recruiting 2020

PEOPLE

AGRI TRADERS

菅原 涼平
RYOHEI SUGAHARA

東京都本部
生活事業部 生活課
2015年入会

  • #県域
  • #生活関連

組合員の方の健康維持や生活向上をサポートする

Q.どのような仕事をされていますか?

様々なアンテナを張って組合員の方のニーズを調査・研究

JA直売所活性化の支援や、一般食品類の共同購入運動を推進するとともに、農家組合員の生活にかかわるギフト関連用品や健康機器、環境関連商品、宝飾品、衣料品など、幅広い生活関連用品を提案しています。
また、生鮮事業として、毎月旬の味覚を取り揃えたカタログからお好みの商品をお選びいただき、ご家庭にお楽しみをお届けする「旬鮮倶楽部」を広く展開中です。現在、私はJAの地区担当として、組合員が生活をするうえで必要とする様々な生活物資を、JAを通じて多くの組合員に提供する仕事を行っています。
生活課では、全農のPBブランド商品をはじめ日用品、生鮮加工品の提供や環境に配慮した太陽光発電・太陽熱温水器等の紹介もしています。どのような生活用品が求められているのかを調査・研究しながら試行錯誤を繰り返し、春夏秋冬の季節に合わせた商品提案をするため、常に多方面へ大きなアンテナを張りめぐらせて、新しい流行やトレンド等の情報を収集しながら仕事を行っています。
生活課の業務は直接農業とは関係がなく、最初は戸惑いもありました。しかし、今では生活事業は組合員の皆さんの健康維持や生活向上につながる仕事だと実感し、日々頑張っています。

Q.仕事のやりがい・面白さは?

相手との信頼関係の構築が成長とやりがいに

JA担当者とは仕事以外の話もできるようになり、良い意味で程良い距離感を取れるようになった時に面白さを感じました。推進担当になった当初のJA担当者との会話は、仕事の話ばかりで硬い雰囲気での商品提案になり、失敗することも多々ありました。しかし、何度も訪問して顔を覚えてもらい、仕事以外の雑談までできるようになり、信頼関係ができていきました。今では自然体で仕事の依頼を受けるようになり、成長を実感しています。今後も信頼をしていただいている方のためにも、より良い商品の提案をしたいと思います。

Q.全農の魅力はどんなところですか?

世界に誇れる食の「安全・安心」

日本の食は本会の経営理念である「安全・安心」という点が世界に誇れると思います。その理念を貫き、日本の農業、食文化の発展に貢献できる仕事であるところが全農の魅力と感じます。

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください

コーヒーと柔軟剤の香りでリラックス

休日は、朝からクラッシック音楽を聴きながらコーヒを飲み、読書をしています。また、お昼頃から部屋の掃除と洗濯をし、柔軟剤の匂いでリラックスしています。
数か月前に肩を悪くしてしまったため、趣味の野球ができなくなったので、代わりにケバブ作りに勤しんでいます。

Q.就活生へのアドバイスは?

就職活動はすべてがうまくいくとは限りません。つらい経験も多々あると思います。そんな時こそ同じ状況にいる友だちを大切にしてください。必ず自分の支えとなる存在です。自分の芯を持って就職活動に取り組めば、良い結果は自ずと付いてくるはずです。忍耐力を持ってあきらめず、頑張ってください。

この職員の所属本部紹介を見る
index