ZEN-NOH Recruiting

PEOPLE

AGRI TRADERS

山﨑 佑剛
YUGO YAMASAKI

長崎県本部 
園芸部 野菜課
2015年入会

  • #県域
  • #園芸

現場での対話を大切にしながら
生産者のためにベストを尽くす

Q.どのような仕事をされていますか?

施設野菜や露地野菜の生産指導と販売支援

数ある園芸品目の中でも、施設野菜や露地野菜の葉物等の地上部を食用とする品目の生産指導と販売に携わっています。まず、生産指導業務では生産者の収穫量をいかにして向上させるかを目的に新品種の導入試験や栽培技術の改善指導を行っています。数ある品目の中で私が担当するのは、いちご・アスパラガスを中心にブロッコリーや南瓜なども手がけています。実際に圃場に出向いて生産者や農協指導員との対話を通じて現状を把握することで、生産上の課題解決を図ったり、生育状況を市場へ情報提供して有利販売へ繋いだりしています。もう一方の販売業務では、生産物を日本全国の市場に出荷し、その市場とのパイプ役になることで、生産者には作付け品目の生産に集中してもらえるよう支援しています。

Q.仕事のやりがいや面白さは?

生産者の方から感謝される喜び

農協指導員や生産者の方と話している時に、1年目は何の話をしているのか、どうしてそうなるのか、話の内容を理解するのさえ苦労していましたが、段々と分かることが増えてきて会話がスムーズになってくるなど、自分の成長を実感しています。生産者の方の質問に対して即座に答えられることが増えてきたのも、専門知識が蓄積されている証だと感じています。例えば、こんなこともありました。ある時、1人でいちごの圃場を回っていた時に、微量要素欠のような症状の葉がありました。そこで、生産者の方に時期的に施用するよう推奨している微量要素を補う肥料を使用したかを確認したところ、「忘れていた。来てくれてよかったよ」と言っていただき、感謝してもらえたのが印象に残っています。まだまだ技術的にも未熟で圃場に行っても勉強させてもらうことが多い中で、「来てくれてよかった」という言葉は大きな励みになっています。

Q.全農の魅力はどんなところですか?

多彩な事業の中から自分にあった仕事を発見できる環境

全農の魅力の1つは多彩な事業です。幅広い事業があるため職種も豊富で、「技術を極めたい」「マーケティングに携わりたい」など、自分に合った仕事に出合えると思います。それぞれ希望はあると思いますが、入会後に今まで知らなかった自分に合っている仕事が見つかるかもしれません。また、全農の職員の仕事に対する姿勢も共感できる魅力の1つです。私が今でも忘れないのが、入会時のJA研修で「現場を忘れるな」といった言葉をかけてもらったことです。協同組合という組織において、シンプルにして全てが詰まった言葉だと思います。組織のため、家族・自分のため、消費者のためなど、働く目的はいろいろ考えられると思いますが、最終的には生産者のためになるような仕事ができればと思っています。

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください

運動や温泉でリフレッシュ

現場を支援する立場としては、つねに体力は維持したいのでランニングなど、できる限り運動するように心がけています。休日にはリフレッシュするために近くの温泉に行ったり、実家の農作業の手伝いに行くこともあります。今は新型コロナウイルスの影響でなかなか難しいですが、終業後に職場の先輩に誘われて飲みに行くのも楽しみのひとつです。

Q.就活生へのアドバイスは?

私はよく上司から「芯を持て」といったアドバイスを受けることがあります。仕事に限らず、自分の中で何か1つの信念(大げさなものでなくてもいいから何かしらの行動原理、信じるもの)があれば、ブレない力になり、迷った時には自ずと答えが出てくるというアドバイスです。就職活動も大きな分岐点で迷うことが多いと思いますが、自分の芯を持って企業選びをしてください。そして全農で働くことになった時には、一緒に生産者を支援するという仕事に誇りをもって頑張りましょう。

この職員の所属本部紹介を見る
index