ZEN-NOH Recruiting 2020

PEOPLE

AGRI TRADERS

西村 宙晃
HIROAKI NISHIMURA

高知県本部
営農肥料農薬部 営農総合対策課
2010年入会

  • #県域
  • #営農・生産資材

日々の失敗から学び、高知の食の豊かさを守る!

Q.どのような仕事をされていますか?

JAや生産現場に出向き、肥料農薬の情報提供や商品推進を行っていた前任時代の経験を糧に、現在は肥料の技術担当として、JAや肥料農薬課の地区担当からの技術的な問い合わせの対応や研修会の開催などを行っています。同時に肥料や栽培の試験展示圃の設置なども担っています。
前任部署の肥料農薬課の地区推進担当の頃は、展示圃の設置経験がなかったこともあり、生産者やJAとの連絡・連携不足が原因で、展示圃の試験設計内容の変更が発生!展示圃が設置できない最悪な事態に陥りそうなことがありました。前部署と扱う品目も同じであり、生産者やJAと関わることにも慣れていたため、慢心があったと思います。なんとか展示圃の設置は間に合いましたが、いろいろな組織の真ん中に立ってマネジメントすることの難しさ、事前の確認や連絡をしっかり行うことの大切さなどを再認識させられました。
まだまだ力不足を感じますが、現場の求める声に少しでも多く応え、JAの職員や組合員のみなさんが生産活動をしやすくすることが自分の役割。先方から「もうこの仕事は西村に任せても大丈夫やね」と言われるよう、しっかり取り組んでいきたいと思います!

Q.JA全農の魅力は?

食の安定供給を担うインフラ!

生産に必要な資材が足りなくなっても、安定して組合員まで物を供給しようと最大限努力を行い、全国組織という強みを活かしてJAや組合員を最後まで見捨てず事業に取り組めるのが、全農の魅力です。これは消費者に対しても同じ。安全な農畜産物を安定して届けることができるのも全農ならではだと思います。

Q.職場の雰囲気は?

生産現場と一緒になって取り組める!

私の所属する高知県本部の生産資材部は、職員の年齢層が若く、非常に活気のある職場です。生産現場にも比較的身近であることから、現場で得た生産者からの直接の声を、みんなで日々共有し合いながら、一致団結して取り組んでいます。

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください

趣味はスポーツ、旅行、ゲーム、お酒等。最近の休日は趣味ではなく家族と一緒に過ごす事が多いです。おてんばな長女と甘えん坊な長男の育児は大変ですが、毎日が新鮮です。もう少し子供達が大きくなれば一家で色んな所に旅行に行きたいです。

"就活"一言アドバイス

自分と向き合い自己分析を進める!

この職員の所属本部紹介を見る
index