ZEN-NOH Recruiting

PEOPLE

AGRI TRADERS

安蔵 啓
HIROMU ANZOU

茨城県本部
生産資材部農業機械課 農機推進室
2019年入会 

  • #県域
  • #営農・生産資材

日本の食を支える農家組合員をサポートする全農の仕事

Q.どのような仕事をされていますか?

農業機械の推進で低コスト農業を支える

生産資材部の業務を分かりやすく伝えるなら、肥料農薬や農業機械などの卸売業のような部署です。組合員が生産活動をするために必要な資材、例えば肥料農薬や農業機械などを、全農というスケールメリットを生かして仕入れ、各JAに供給しています。また、主要銘柄への統一、一括発注や配送の規格化に取り組むことで、低コスト農業を支援しています。さらに、物だけではなく先進技術や最新情報を、JAや担い手農家の方々に発信することも同部署の重要な業務です。このような部署の中で、私の主な担当業務は、対JA農機センターへの推進業務で、JA茨城旭村・JAほこた・JAなめがたしおさい・JA新ひたち野・JAやさとを担当しています。配属1週間目には、初めて農機センターの担当者からお叱りの電話を受けてしまいました。私が担当している製品受発注業務で出荷指示漏れがあり、一つの自分のミスが、JA担当者をはじめ組合員の方々に迷惑をかけてしまうことを痛感した出来事でした。一口に推進業務といっても、農業機械の推進や展示会対応をはじめ、JA農機事業の運営改善、農機センターの集約提案、農機センターの実績管理など、その業務は多岐にわたります。全農ではレンタル農機も扱っていますが、レンタル農機の利用拡大も私の業務で、特に人気があるレンタル農機は田植え機です。今後も、各JAで充実した推進体制がとれるように、小さなミスもしないように細心の注意を払いながら業務に臨んでいきたいと考えています。

Q.仕事のやりがい・面白さは?

相手がいて成り立つ企画・推進業務

JA担当者から機械の問い合わせを受けて、私が提案した機械がユーザー様から好評で、ご成約頂いた時には心から嬉しかったです。また、JA担当者と新しい取り組みを始める際に、互いに意見を出し合い協議することの大切さも学んでいます。立場の違いから意見がぶつかることや、情報の伝え方も相手によって変えなければいけないこともありますが、相手がいて成り立つ「企画・推進業務」に大きなやりがいを感じています。

Q.全農の魅力はどんなところですか?

日本の食を支える農家組合員をサポートできること

JA全農は生産者と消費者を安心で結ぶ懸け橋であり、安心安全な国産農畜産物をサポートします。そして、生産された国産農畜産物を新鮮なうちに消費者にお届けするための機会を用意し、求めやすい価格で提供する場所も作ります。日本の農業の様々な段階で、農家組合員のためにできることが全農にはあります。日本の食は、日本の農家が支えています。その主役である農家組合員の方をサポートできる全農の仕事に、私は誇りを持っています。

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください

1日は家族と、1日は春・夏は野球、秋・冬は野菜作り

休日の2日間は、1日は家族と過ごす時間に充て、もう1日は春から夏は部活の野球を、秋と冬は近所の休耕地(約1ha)の管理作業として野菜作りをして過ごしています。

Q.就活生へのアドバイは?

就活は「無理」をすると、その後も「無理」が続いていきます。「どうしたら楽しめるか」を考えながら環境、仕事を選ぶと、自分の努力でいくらでも未来が拓けると思います。全農は、まさに「考えながら仕事ができる職場」です。

index