ZEN-NOH Recruiting

PEOPLE

AGRI TRADERS

中津 祐也
YUYA NAKATSU

茨城県本部 
生産資材部 営農企画課
2017年入会

  • #県域
  • #営農・生産資材

肥料開発から最新技術普及まで営農に関する仕事

Q.どのような仕事をされていますか?

肥料や栽培の改善に伴う業務に取り組む

営農企画課は部署名の通り「農業を営むための企画」の業務を行っています。具体的には、肥料や農薬の新技術の普及やスマート農業技術の普及といった県内JAや茨城県本部の関連部署への情報支援、農家に直接関わることの多いJA担当者向けの研修会の企画や運営、生産者の農地の土の栄養状態を診断する分析センターの運営など、営農のためのサポートを幅広く行っています。
その中で私は主に肥料・栽培を担当しています。肥料担当として、茨城県の農業総合センターや肥料メーカーと共同して行う肥料試験の実施や、土壌診断の結果・改善方法などを生産者にお伝えするときに使用する土壌の処方箋データ更新や改良などを行っています。栽培担当としては、県内各産地の巡回を行い、時期毎の病害や管理上の注意といった情報発信や新資材紹介などを行っています。また巡回中に知り得た問題や、新資材などに着目した試験栽培なども行っています。さらにドローンの薬剤散布試験の実施などスマート農業の実証の取り組みといった農業の最新技術普及にも取り組んでいます。

Q.仕事のやりがい・面白さは?

問題解決を図ることで生産者を支援する

肥料担当として県内各地で行われている肥料試験に携わっていますが、栽培管理などは生産者や県の農業研究所の方々が行い、私は生育調査や収量調査などを中心に行っています。生育や収量などの問題解決のために試験を行っていますが、狙った結果が出ないことや、天気や台風などの影響でうまくいかないことも多々あります。そんな状況でも、圃場で調査し、直接生育を確認していくことが、問題を解決していくことにつながります。この成果が多くの生産者の助けになると思うと、非常にやりがいを感じます。
同時に日々の仕事を通して成長を感じることもあります。栽培担当の知識、技術向上のためにハウスを一棟作らせてもらい、そこでトマト、レタス、ハクサイ、キャベツの試験栽培を行っています。最近では机上の知識だけでなく、実際に栽培に取り組むことで自身のスキルアップを肌で感じています。

Q.全農の魅力はどんなところですか?

幅広い仕事と多様な業務のある組織体

全農という職場の魅力は、農業や農家に広く深く関わることのできるところだと思います。私自身全農に入会してから、仕事の幅広さ、業務の多様さを知り、自分が今まで農業という産業やそれに携わる生産者について何も知らなかったのだと実感しました。最近は、農業について多くの問題がニュース等で報じられていますが、食べ物が作られる生産現場と、食卓に並ぶ消費現場双方の近くで仕事ができ、現在の農業の問題解決のために仕事ができる。そんなところが全農という職場の魅力だと思います。

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください

ドライブをしながら直売所や道の駅巡り

休日は車でドライブをしながら、県内の直売所や道の駅まで行くのが趣味です。その地域の直売所ならではの食材を買って、料理に挑戦したりもします。また私の家で職場の同期と集まって、映画を見るなどして楽しいひと時を過ごしています。

Q.就活生へのアドバイスは?

学生時代に限らず社会人になってからも日々勉強することばかりです。自分の興味がないことを勉強するのは大変なので、就職活動のときは自分の興味・関心のある業種を最後まで諦めないで続けてください! その点、全農はとても幅広い事業を展開しているので、農業や食品について興味や関心があれば、きっとみなさんの興味ある仕事に出会える職場だと思います。将来一緒に日本の農業の為に働けることを楽しみにお待ちしています。

この職員の所属本部紹介を見る
index