ZEN-NOH Recruiting

PEOPLE

AGRI TRADERS

黒田 裕之
HIROYUKI KURODA

本所
耕種資材部 九州営農資材事業所 肥料農薬課
2019年入会

  • #全国
  • #肥料農薬

肥料・農薬分野ともに最前線で
活躍できる全農職員を目指す

Q.どのような仕事をされていますか?

九州エリアにおける農薬の購買業務を担当

耕種資材部は、主に肥料・農薬・資材・農機といった生産者の営農に不可欠な資材を扱っています。地域生産振興の現場に、「資材・サービス・新技術」を提供することで、生産基盤の拡大をはじめ、JAへの支援強化を目指しています。その中で、私の担当は農薬の購買業務です。私が担当する九州エリアでは、佐賀県に広域物流倉庫があり、そこから九州北部4県(福岡、佐賀、長崎、大分)のJAへ農薬を出荷しています。生産者の元へ農薬がスムーズに届くように、日々試行錯誤しながら農薬倉庫の在庫確認・補充を行っています。また、メーカーとの価格条件交渉や農薬の推進企画も同時に担当しています。メールや電話でのやり取りに始まり、契約書の締結や新しい農薬の推進方法について打ち合わせを行っています。私の業務である農薬倉庫への在庫補填は、ただ定期的に補充するのではなく、中国からの害虫の飛来状況や天候等を踏まえ、メーカーから購入しなければなりません。業務を任されるようになった入会2年目には、九州の集中豪雨や水稲害虫の大量発生等により農薬の補充数量が読み切れず欠品を招いてしまい、無力な自分に落ち込みました。しかし、上司や先輩方に助けられ、「自分もこうなりたい」と感じたことが、今の仕事のモチベーションにもつながっています。

Q.仕事のやりがい・面白さは?

1年目からの価格交渉が成長につながっている

私が自分の成長を感じたのは、1年目からメーカーとの価格交渉を任された時です。いきなり価格交渉をするのかという戸惑いもありましたが、値上げで提示されていた品目を、結果的に価格据置にすることができました。価格交渉を経験し、自分の交渉次第で生産者の購入価格が左右されるという責任の重さを実感しました。「生産者の為に」という全農職員として必要な意識を1年目から持つことができたことが、今のやりがいと成長につながっていると思います。

Q.全農の魅力はどんなところですか?

「食」と「農業」を結ぶ全農の仕事

役職員全員が農業や食に対して強い思い、信念を持ち、同じ方向を向いて仕事をしているのが、全農の魅力です。食事は、私たちが生きていく上で欠かすことができません。その「食」と「農業」を結ぶ全農の仕事は、なくてはならないと感じています。その中で私は、「日本の食」を支えている生産者の為にという思いを持って仕事をすることが、日々の充実感につながっています。

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください。

社会人野球サークルで週1回のペースでリーグ戦や練習に参加

趣味は小学生から続けている野球で、社会人野球サークルに入り、週1回の頻度でリーグ戦や練習に参加しています。また、スポーツジムに通ったり、職場の先輩や同期とゴルフへ行ったりと充実した日々を送っています。お酒も好きで、最近はおいしいお酒を飲むために、運動しているかもしれないですね。

Q.就活生へのアドバイスは?

就活生は、「自分が何をしたいのか・どんな仕事に就きたいのか」ということを真剣に考えている時かもしれません。そんな就活生に言えることは、就職活動のプレッシャーにつぶされて、「自分らしさ」をなくさないで欲しいということです。その中で「農業」というキーワードにたどり着いた方は、全農の説明会に参加して話を聞いてみてください。皆さんがやりがいを感じる環境が全農には整っているはずです。就職活動中は、たくさん迷うこともあると思いますが、頑張りすぎず身体に気を付けて頑張ってください。来年、皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

index