ZEN-NOH Recruiting

PEOPLE

AGRI TRADERS

菊地 みなみ
MINAMI KIKUCHI

福島県本部
園芸部 園芸直販課
2019年入会

  • #県域
  • #園芸

生産者と消費者を結びつける喜びのある仕事

Q.どのような仕事をされていますか?

様々なチャネルで農作物の生産者と消費者をつなげる

私が所属する園芸直販課では、加工用品目・契約取引に関する直販事業、パッケージステーションや農産物直売所といった園芸施設の運営・管理を行っています。そんな多彩な業務の中で私が担当しているのは、加工用トマト、インショップ業務、農産物直売所の販売応援です。
加工用トマトは生食用とは品種も栽培方法も異なり、真っ赤に熟してから収穫します。県内では、トマトジュース用の原料トマトを会津と中通り地区で契約栽培しています。全農とメーカーで契約を結び、各JAを通して原料トマトの苗の供給、出荷、精算を行っています。
インショップ業務は直販事業の一つで、地元のスーパーや量販店など大型売り場の一角に専門売り場を設置し、県内の生産者が作った野菜や果物を販売しています。そして郡山市にあるJA農産物直売所「愛情館」は、全農福島県本部直営の農産物直売所であり、園芸直販課管轄の施設です。そのため、周年祭やお盆花市といったイベント時には販売応援に行っています。

Q.仕事のやりがい・面白さは?

新しいことを発見できる楽しさがある

全農の仕事で面白いところは、日々新しいことを吸収できる点です。自分の担当する加工用トマトは“地這いトマト”と言われ、地面を這うようにして畑で栽培していると知った時は驚きました。トマトは支柱を立てて栽培するイメージしかなかったため、加工用トマトの圃場に行き、実際に目にしたときの興奮を今でも覚えています。
もう一つのやりがいは、学生時代から販売関係の業務に興味があり、就職活動の時から「販売がやりたい!」という思いを伝えていました。その結果、希望した部署に配属になり、さまざまな販売業務に携わることが出来ていることや日々自分のできることや知識が増えていくことにやりがいを感じています。

Q.全農の魅力はどんなところですか?

生産者と消費者の懸け橋として貢献できる点

何よりも生産者、消費者、各JAの方々と直接関わることができ、その懸け橋になることができることです。農産物直売所へ販売応援に行った際に消費者の方から「福島の桃はおいしいから毎年楽しみにしている」「あなたに勧めてもらったこの果物、買ってみるよ」といったお声掛けをいただくと、生産者の方々が作った農作物を消費者に直接お届けする懸け橋となって貢献できていることを実感できます。それと同時に、福島県産の農産物は安全でおいしいということも伝えられたのではないかと思います。

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください

学生時代の友人や同期と買い物や旅行を楽しむ

出かけることが好きなので休日は外出することが多いです。学生時代の友達と会って買い物やご飯に行ったりしています。また、同期で集まって遊びに行ったり、休暇を取って旅行に行ったりしています。そんな機会ではお互いに近況報告をし合うことで、「自分も頑張ろう!」とやる気が出ます。

Q.就活生のアドバイスは?

全農は農業の多方面に携わっており、県内だけでなく国内の農業がより良くなるよう事業を推進しています。現在、農業が抱える問題は数多くありますが、全農として5年後、10年後を見据えた取り組みを行っています。農業や流通に興味がある方、地域復興に携わる仕事や国内の食に関する仕事がしたい方には大変やりがいのある仕事だと思います。
また、就職活動はつらいことも多くありますが、自分が伝えたいこと、やりたいこと、熱意を伝えることが一番大事だと思います。本心を話せば、相手にも必ず伝わります!来年皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

この職員の所属本部紹介を見る
index