ZEN-NOH Recruiting

PEOPLE

AGRI TRADERS

高橋 実優
MIYU TAKAHASHI

栃木県本部
園芸部 園芸資材課
2019年入会 

  • #県域
  • #園芸

「生産者と消費者をつなぐ」という
経営理念の具現化に取り組む

Q.どのような仕事をされていますか?

現場のニーズにあった青果物出荷用資材を提案

園芸資材課は、青果物の生産から出荷にいたる野菜種子・苗、椎茸資材、ハウス資材、段ボール、包装資材などの幅広い資材をJAへ供給しています。その中で、私の業務は県内複数JAの担当を持ち、青果物のパックやフィルム、段ボールなど出荷用資材を中心とした推進業務を行うことです。農協担当者・生産者からの要望や悩みなど現場の声に耳を傾け、取扱業者と品質の良い出荷用資材・コスト低減を実現するための交渉や提案を行っています。そんな私が心がけていることは、常に現場のニーズに合った提案を行い、生産者手取りの向上に努めること。現場のニーズに合った提案を行うということでいえば、忘れられないエピソードがあります。それは、農協の担当者の方が困っている件で対応した際に、過去の資料を調べ、解決策の提案を行ったのですが、「ここまで調べてくれたんだ。ありがとう」という感謝の言葉をいただきました。何気ないやり取りの中でも、感謝の言葉をいただけることは日々の励みになっていますが、相手が困っている時に少しでも力になれたことは、やりがいはもちろん、「自分でアクションを起こして良かった!」と自信につながり、とても嬉しかった出来事でした。

Q.仕事のやりがい・面白さは?

日々新たな発見があるという面白さ

取り扱っている資材で、青果物が実際にスーパーに陳列されているのを初めて見た時は、「実際にこんな身近で流通しているんだ!」と感動で鳥肌が立ちました。また、他県産の青果物で使われている段ボールやパックの形・フィルムの材質などの違いを発見できるなど、この業務に関わらなければ気づけなかった視点を持つことができ、日々新しい発見がある、この仕事の面白さを感じています。

Q.今後の夢や目標を教えてください。

「よくやった!」といわれる良い資材の提案

全農は購買事業・販売事業を基盤として様々な面から農業をバックアップできるのが魅力です。また、全国規模の組織で、充実した研修制度を通じて知り合った他県本部の担当者と気軽に情報交換ができ、県内だけでなく全国的な様々な情勢をいち早く把握できることが強みです。取り扱う資材が多く、まだまだ勉強不足ですが、特徴や価格帯、発注ロットなどの商品知識をさらに増やし、生産者や農協職員の方に「よくやった!」と言っていただけるような、より良い資材の提案ができるようになりたいと思っています。

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください

季節ごとの景色を楽しみながら犬連れ散歩でリフレッシュ

愛犬といろんな場所を巡るのが好きで、ありがたいことに犬連れOKの公園や施設がたくさんあるので、季節ごとの景色を楽しみながら犬連れ散歩でリフレッシュしています。県内のとある湖では、犬と一緒に足漕ぎボートに乗れる場所があるという噂を聞いたので、紅葉の季節にでも行ってみようと思っています。

Q.就活生へのアドバイスは?

大学で初めて農業経済を学び、興味はあるが現場の知識はほとんどない状態で、入会前は不安な気持ちもありました。研修や実際の業務を通じて学んでいくうちに、不安より知らないことを学べる楽しさが大きくなりました。少しでも興味を持ち、「仕事に携わりたい・役に立ちたい!」と思った分野が見つかったら、様々な企業説明会に参加し、実際に働いている方の生の声をたくさん聴いてみてください。

index