ZEN-NOH Recruiting

PEOPLE

AGRI TRADERS

河口 唯也
YUIYA KAWAGUCHI

広島県本部
畜産部家畜流通課
2015年入会

  • #県域
  • #畜産・酪農

広島県の和牛生産の拡大と生産者支援に全力で挑む

Q.どのような仕事をされていますか?

和牛の生産拡大や生産者の収入向上を支援

家畜流通課は、主に和牛の繁殖に関わる部署です。広島県は古くからの和牛の産地であり、その歴史と伝統を強みとしたブランドを軸に、繁殖部門と肥育部門が一体となってより良い環境作り、生産体制の確立を目指した業務を行っています。その中で私は主に、広島県内の和牛生産基盤の拡大に関する業務や牛が生まれた際の検査や繁殖牛となる際の登録、家畜市場の運営に携わっています。
生産基盤の拡大については、生産者の高齢化が進み、和牛数も減少する恐れがある中で、県内で飼養されている和牛の数を増やすために、若い生産者の規模拡大や新規就農を支援するための牛舎建築に関する業務を行っています。また、牛の凍結精液の販売も行っています。この業務は、すべての和牛事業の第一歩である牛の生産に寄与するため、生産者の収入向上につながる提案と同時に、広島県の特色を持った牛を生産していくための重要な業務だと考えています。牛の検査では、自分が販売した精液から生産された牛を確認できるため、牛の特徴を知ると同時に、次の提案などにつなげることができます。
また、市場運営ではせりの仕切りや窓口での精算業務を行っています。せりでは生産された牛が適正な価格で取引されるよう購買者の方々に正確に情報を伝えることを意識しています。上場された牛を見ることも牛の特徴を知る手段のひとつなので、市場が開催される度に多くのことを学んでいます。

Q.仕事のやりがい・面白さは?

生産者の喜びは、自分の喜びでもある

家畜流通課の業務では、牛の出生から、市場への上場、次世代の繁殖牛になって子牛を生んでいくというサイクルをすべて見ることができます。そのサイクルを見ていく中で、様々なことが学べますし、いろんな経験をすることで自分の成長も感じています。私が入会して販売した精液から生産された子牛も、今では立派な繁殖牛になっており、これからの広島県の和牛事業の軸となり、さらに次世代へつなげていけるように貢献したいと思っています。
また、牛の凍結精液販売の業務では、生産者の方々と対話をしながら、その方が飼養されている牛や、飼育方法に合う牛の精液を提案し、販売していきます。その精液を使用した牛が無事に生まれたことを聞いた時にはとても嬉しい気持ちになります。また、市場において高値で取引された際のみなさんの喜ばれる姿を見ると、ほっとするのと同時に、もっと頑張ろうという気持ちも湧いてきます。

Q.全農の魅力はどんなところですか?

生産者のために、より良い環境を作る

全農での業務は、地域の農業を発展させ、生きていく上で欠かすことのできない食を支えるためにとても重要であると感じています。広範に及ぶ業務を通じ、関係機関と連携しながら、生産者の方々のためにより良い環境を作っていくこと。それが全農の使命であり社会貢献のカタチだと思っています。私もそんな全農の一員として、広島県の和牛の特徴を活かし、全国に発信していきたいと考えています。

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください

サッカー観戦と釣りでリフレッシュ

サッカー観戦と釣りが趣味なので、週末はどちらかに時間を使っています。地元のクラブであるサンフレッチェ広島を応援するために、年に数回は県外のスタジアムにも行きます。

Q.就活生へのアドバイスは?

就職活動では、自分の目標や挑戦したいことについて自信を持ってアピールできるように、まずは明確にしておくことが重要です。また、全農は自分が思うこと、挑戦したいことについての発言もしやすく、しっかり受け入れてもらえる職場だと思います。アピールしたいことを事前に整理したうえで、全農に入会して何がしたいかというプランを思いっきりアピールできれば、自分の想いや個性が必ず相手に伝わるはずです。

この職員の所属本部紹介を見る
index