ZEN-NOH Recruiting

PEOPLE

AGRI TRADERS

山本 優乃
YUUNO YAMAMOTO

岩手県本部
営農支援部 営農支援課
2018年入会

  • #県域
  • #営農・生産資材

新設部署で生産者を最大限にサポート

Q.どのような仕事をされていますか?

「総合窓口」として生産者の支援に取り組む

営農支援部は、JAの自己改革・経営基盤強化に向けた取り組みをサポートする「総合窓口」として新設された部署です。JA自己改革の一環として、営農支援部が担う大型プロジェクトの1つが「農家手取り最大化プロジェクト」で、生産コスト(肥料農薬、人件費など)を削減し、生産性を向上することで、農家所得を最大限にアップさせる取り組みです。生産者の方々に、「JA・全農がいてくれてよかった!」と言われる取り組みを目指しています。また、営農支援課は、JAの担い手支援活動「TAC(タック)活動」の支援も行っています。「TAC活動」とは、各JA担当者が担い手農家に出向き、要望・悩みなどを聞き取り、JA総合事業へ反映する活動です。営農支援課のメンバーは県域TACとして、研修会の企画等、JAのTAC活動をサポートしています。
その中で私の担当業務は3つあります。1つ目は、JA支援・農家手取り最大化プロジェクトに関わる業務で、JAおおふなとを担当しています。生産者と県本部、JAと県本部のパイプ役を担い、生産者・JAからの意見要望を迅速に現業部へ伝えるよう心がけています。2つ目は6次産業化に関する業務で、JAグループ国産農畜産物商談会関係の取りまとめや研修会の企画運営を行っています。3つ目は、全農が開発した営農管理システム「Z-GIS」の推進。推進主担当として、JA担当者、生産者向けの説明会を開催し、JAのTACと一緒に生産者への推進を行っています。

Q.仕事のやりがい・面白さは?

生産者の感謝の言葉が成長の原動力

私が忘れられないのは、「農家手取り最大化プロジェクト」でお世話になっているモデル経営体の圃場で、雑草の大量発生を巡回の時に発見したときの出来事です。生産者は、適切な薬剤や散布方法がわからなかったこと、また人手不足が原因で圃場をそのまま放置している状態でした。そこで、技術主管の先生や肥薬担当にも教えを請いつつ、適切な薬剤を選定しました。その薬剤が、生産者所有の機材では散布できない剤型だったため、機材をJAから借用して散布しました。散布終了後に、法人組合長から「遅くまでありがとう。一緒にやってもらえて助かったよ」とお言葉をいただいたときは本当にやりがいのある仕事だと感じました。また、1年目からZ-GISの主担当を任され、2年目から本格的に推進に回っています。本来、生産者への推進は各JAのTACと県本部のJA担当の業務ですが、説明の「助っ人」として声がかかるようになりました。Z-GISに関しては、県本部内で一番理解していると自負していますし、大先輩方から頼ってもらえることを誇りに思っています。

Q.全農の魅力はどんなところですか?

若手だからこそ活躍できるフィールドがある

全農は若手職員にも活躍の場が与えられます。特に今はスマート農業など、若手だからこそ活躍できる場面や機会が大いにあります。若いうちに自分の強みを見つけ伸ばす機会をたくさん与えてもらえる環境が、全農の魅力だと感じています。

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください

3か月に1度は東京のテーマパークでリフレッシュ

普段の休日は、自宅で漫画を読んだり、ゲームをしたり、映画を見て過ごすことが多いインドア派ですが、たまに連休を取らせていただいて旅行にも行きます。休みを言い出しにくい職場ではないので、スケジュール調整をしつつリフレッシュしています。
東京のテーマパークが好きで2~3か月に一度は行くので、職場にお土産を買って帰ると、「また行ったの!?」と笑われます。パレードの写真を撮るために最近カメラを購入しましたが、まだまだ下手なので目下修行中です。大学まではずっと運動部でしたが、就職してめっきり体を動かすことがなくなってしまったので、修行がてら「カメラを持ってお散歩でも始めようかな」と思っています。

Q.就活生へのアドバイスは?

就職活動の真っ只中にいると、焦りも生まれ、知らず知らずに視野が狭くなってしまうことがあります。1つの志望分野に絞るのも良いですが、あえて全く違う分野に目を向けてみることをオススメします。新しい道が見つかるかもしれないし、より自分の進みたい先がはっきりするかもしれません。初めから限定的にならずに、幅広く興味を持って就職活動に取り組んでください。

この職員の所属本部紹介を見る
index