ZEN-NOH Recruiting

PEOPLE

AGRI TRADERS

小沢 有輝
YUUKI OZAWA

埼玉県本部
生産資材部 肥料農薬課
2017年入会

  • #県域
  • #営農・生産資材

知識を蓄え農業指導の現場に立ちたい

Q.どのような仕事をされていますか?

肥料と農薬の安定供給とコスト低減に取り組む

私が所属している肥料農薬課では、営農に必要な肥料と農薬をJAを通じて生産者へ供給する業務を行っています。農作物を生産する上では、肥料と農薬はどちらも不可欠なもので、製品の安定供給とコスト低減に向けた業務に取り組んでいます。私が担当している業務は、肥料の受渡業務・在庫管理です。受渡業務では、JAからの肥料の注文をパソコンにデータ入力し、メーカーや物流担当者に注文データを送信し、配送の段取りを依頼します。また、電話対応も大切な業務で、商品の取り扱いの有無や納品日の連絡だけではなく、肥料の使い方などの技術的な問い合わせにも対応しています。肥料の在庫管理については、県内の物流倉庫の倉庫担当者と連携して管理を行っており、肥料の安定供給に努めています。
私が印象に残っているのは、共同購入肥料の取り組みです。共同購入肥料は、事前申し込みにより各JAから予約数量を積み上げて肥料を発注する仕組みです。ほかの肥料と比較すると、配送量がとても多いことや配送期間が決まっていることから、JAの担当者や推進担当者、配送担当者と連携して、納品場所や納品日を細かく調整する必要があります。期間内に納品を完了するためには、日々の在庫管理や配送残数のチェックが欠かせません。とても気を使う業務ではありますが、無事に全量の配送を完了できたとこには、とても大きな達成感を感じます。

Q.仕事のやりがい・面白さは?

日々の業務を通じて自分の成長を実感できる

私は入会以前に肥料に関わったことが殆どなく、自分が肥料担当であると知らされたときは、自分に業務が務まるのかとても不安になりました。入会当初は肥料に関する知識は殆どなく、問い合わせに対して的確な回答をすることができず、回答まで長時間待たせてしまうことが多々ありました。日々の業務を通じて同僚や先輩の助けを借りながら少しずつ知識を身につけ、スムーズに回答することができるようになり、自分なりに成長を感じています。肥料や農薬は、入会前はあまり興味がなかった分野でしたが、最近では面白いと感じるようになりました。実際に働きだすと、仕事のやりがいや面白さも理解できるようになり、今はこの仕事に誇りを持って取り組んでいます。

Q.全農の魅力はどんなところですか?

日本の農業や食に貢献する組織

全農に対する入会前のイメージは、農作物の販売や資材の供給、生活用品の扱いなど、さまざま場面において日本の農業や食に携わり、貢献することができる組織だと思っていました。入会して仕事を進めていくと、入会前のイメージが正しかったと実感しています。例えば、展示会の会場などで生産者の方に、「この肥料いつも使っているよ」「この肥料よかったよ」といった言葉をかけていただいたときにはとても嬉しく思います。もっと仕事を頑張ろうと、気力が湧いてきます。また、通勤中やプライベートなどで車を運転している際に、JAの肥料が畑に置いてある様子をみかけると、普段の仕事が少しでも生産者の役に立っていると実感することができて嬉しく思います。

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください

昆虫をはじめ生き物と過ごす至福の時間

幼い頃から生き物が好きで、趣味は採集と標本作成です。大学時代も応用昆虫学を専攻し、果樹の害虫となるカメムシの勉強をしていました。いまでも昆虫に興味があり、休日は昆虫採集を兼ねて各地へ旅行に出かけています。また、最近では生き物の飼育にも力を入れ、昆虫のみならず両生類や爬虫類なども飼育しています。

Q.就活生へのアドバイスは?

就職活動を行っていると、つらいこと苦しいことが沢山あります。なかなか思い通りにいかないときもあり、就職活動に行き詰まってしまうこともあるかと思います。でも、思わぬところから道が開けることもあるので、視野を広げてさまざまな分野を見てみることも大事だと思います。ベストな出会いを探して、諦めずに最後まで頑張ってください。頑張っていれば、きっと道は開けます。

この職員の所属本部紹介を見る
index