ZEN-NOH Recruiting

PEOPLE

AGRI TRADERS

卜部 隼太
HAYATA URABE

本所
くらし支援事業部 関東生活事業所
2017年入会

  • #全国
  • #生活関連

くらしに役立つサービスを
より多くの消費者にお届けしたい

Q.どのような仕事をされていますか?

関東エリアの消費者へ円滑にサービスを届ける

くらし支援事業部の業務をわかりやすく言えば、「生活基盤の整備」です。食品や日用品の調達拠点となる「Aコープ店舗」の運営、JAグループのPB(プライベートブランド)である安心安全な「エーコープマーク品」の開発、ネットを活用した商品供給サービス「JAくらしの宅配便」の運営など、日々のくらしを支えるために幅広く事業を展開しています。また、中山間地域のくらしを支援するための「ライフライン」のメニュー提案、旅行者に農村へ滞在してもらい地域活性へとつなげる「農泊事業」など、これからの時代にフィットした新しい事業も展開しています。その中で私が所属する「関東生活事業所」は、こうした当部の進める事業内容を、関東エリアの都県段階と相談協力しながら円滑に消費者までサービスを届ける業務を行っています。主には、関東エリアの都県段階へ組合員やその家族が必要とする食品や日用品の商品および企画提案をしています。当部でも新商品や新サービスの開発を行っていますが、そうした内容も消費者の手元まで届かなければ意味がありません。どうすれば消費者に届くのか、世の中の人々に使っていただけるかを考えて商品提案したり企画を立ち上げたりしています。例えるなら「関東生活事業所」での仕事は、「血液(≒商品やサービス)」を送り出す「心臓(≒企画提案)」みたいなものかなと考えています。

Q.仕事のやりがい・面白さは?

悩んだ末に採用した商品が売れた時の喜び

食品、日用品など自分で企画したカタログに採用した商品が売れた時は、この仕事の面白さ、やりがいを感じます。市場の需要は、刻一刻と変化していきますが、それに合わせてカタログに載せる商品の選定やカタログの紙面構成をしていきます。どのような商品が、いつごろ、どれぐらい売れていくのかなど、テレビを見ている時や普段街を歩いている時、お店でご飯を食べている時でも、ヒント探しのためにアンテナを高く張って、買っていただける仕掛け作りを日常生活の中からも勉強しています。いろいろ悩んだ末に採用した商品が売れた時は本当に嬉しいです。

Q.全農の魅力はどんなところですか?

思う存分仕事を楽しめる環境がある

全農は「何にチャレンジしても良い自由な雰囲気があるな」と思っています。学生の頃の社会人に対するイメージは、「しがらみばかりで自由がなくて辛そう」でした。でも、全農は全くそんなことはありません。「農家のためという視点があるか」と、「内外的にしっかりと手はずを整えたか」という2点を押さえていれば、どのような商品でも取り扱って良いし、どのような企画を立てても良いです。また、そのチャレンジを支えてくれる上司や同僚もたくさんいますし、チャレンジ精神がある人や問題解決に一生懸命になれる人であれば、思う存分仕事を楽しめる環境が、全農にはあると思います。

Q.休日の過ごし方やプライベートを教えてください

休日は「ヘトヘト」になるまで楽しむ

週末はフットサルをしてカロリー消費、フットサル終了後に仲間と一緒にお酒を飲んでカロリー摂取しています。釣りも好きで、魚をさばいてお造りにするのも得意です。マリンスポーツも大好きで、時間があればダイビングに行きます。とにかく、休日は外に出て「ヘトヘト」になるまで楽しみます。

Q.就活生へのアドバイスは?

就職活動を思い返すと「自分の夢について、大風呂敷を広げて話していたな」と大変恥ずかしくなりますが、それを受け入れてくれたのが全農でした。あれから5年が経ちますが、思いを聞いてくれる人が多くいるのは、今も変わっていないなと思います。全農は、自分の信念を汲み取ってもらえる組織なので、熱い気持ちをぜひ届けてください。

index