RECRUITING INFOMATION

全農人物録

行動から考動して最適解を導けるよう、日々、現場に
足を運んで、生産者との協働に活路を見い出す!

梶原 悟

梶原 悟

SATORU KAJIHARA
  • 山梨県本部
  • 営農販売部 米穀畜産課
  • 平成28年入会

サッカー、スポーツ観戦、古着屋巡り、旅行と多趣味。小学3年から続けているサッカーでは、大の清水エスパルスのファンで、サッカー観戦はじめスポーツメーカーのブランドに目がなく、散財しがち。年に一度は海外へ旅行に行きたいので、最近は貯金を心がけている。休日はそれらの趣味に没頭するかJAまつりに参加して過ごすことが多い。

営農販売部の米穀畜産課に所属し、畜産部門と農産部門の業務がある中、私は農産部門でスタートを切りました。麦種子や水稲種子、種馬鈴しょの販売、JA農産物検査協議会と山梨県主要農作物生産改善協会の事務局業務などを担当しています。その他、JAまつりや県内で開かれるイベントで、山梨の銘柄和牛「甲州牛」のPR活動にも従事しています。まだ入会して1年目ですが、販売業務では直売所の店頭に立って消費者のみなさんとふれあったり、本所や北海道で行われる会議へ出席して、県本部での業務や取り組みを報告したりと、様々な経験を積んでいるところです。机の上で事務作業をするだけではわからないことが多いので、実際に現場へ足を運び、生産者や県内JAの担当者、各都府県本部の担当と協力しながら、山梨県にマッチする取り組みを発信していけたらと汗を流しているところです。毎日が新鮮で初めて経験する業務ばかりですが、上司や環境に支えられながら、自分なりに考えて行動することができていると思います。どの業務においても、地元の魅力や生産者の努力を多くの人に伝えることができ、大きなやりがいを感じています。これからも日本の農業を縁の下から支えられるよう、精一杯、努力していきたいです!

梶原 悟

仕事の面白さ

現場に出て生産者の知恵に触れられる!

私の任される業務は、注文書を取りまとめたり、発注書を送ったり、主に机に向かって行うことが大半。しかし、それだけでは何が求められているのかわからず、何のために今の業務を行っているのかわからなくなってしまいます。常に当事者意識を持つこと、誰かの役に立つことを上司からは求められているので、積極的に現場に出て、県内JAの担当者や生産者と協働し、たくさんの発見を吸収しながら、担当者と信頼感を育んでいく仕事の醍醐味は格別です!

JA全農の魅力

山梨の食と農業に貢献できる仕事がいっぱい!

生産者は年々減少し、海外から安い農畜産物が国内に入ってくることが予想できます。その中、私は入会してから、県内でたくさんの農畜産物が生産されていることに驚きました。地元を知らずにPR活動はできないと痛感。まずは県内で地産地消を促進し、多くの県民に魅力を伝えるところから始めていく━━その取り組みで安心安全を届け、地域を活性化できる組織に魅力を感じます!

梶原 悟

内定者の声 ~ 私が全農を選んだ理由 ~

  • 内定者の声
  • 山梨県出身で両親の実家がともに果樹農家であり、農業に関わる仕事に興味を持っていました。農業の盛んな山梨県で地元経済への貢献がしたいと考え、全農やまなしを志望しました。
  • 実家が農家をしていたこともあり、農業・農家さんを支える仕事をしてみたいと思ったのと同時に、自分の能力をさらに伸ばしていける環境だと感じたからです。

コース別INDEX