RECRUITING INFOMATION

全農人物録

ロジスティクスの効率管理で
山形の米穀販売を後方支援!

宗田 亮輔

宗田 亮輔

RYOSUKE MUNETA
  • 山形県本部
  • 米穀部 米穀集荷販売課
  • 平成25年入会

サッカー・釣り・スノーボード…と、基本、体を動かすことが好きなタイプ。特にサッカーは小学生の頃から続けており、今も社会人のクラブチームに所属して楽しんでいるほど。日々、デスクの前で作業することが多いため、休日は思い切り体を動かしてリフレッシュするよう心掛けている。入会してからはゴルフも始め、上司や先輩たちとよくラウンドしてはスコアを競い合っている。

JAへ委託された米穀を販売する受渡業務を担当しています。この仕事は取引先の卸と締結された契約をもとに発注を受け、米穀を円滑に納品するもの。卸へ販売する中、輸送依頼やJAへの出庫連絡など、全体の流れを意識して段取りよく物流業務を進めていきます。一日の大半が電話対応。顔の見えない相手とのやりとりが多い分、常に誠意をもって信頼関係を築けるよう心がけています。

また、台風や土砂崩れなどイレギュラーな事態や、「明日までにトラック1台分、玄米を納品してほしい」などの急なオーダーにも、各輸送会社に掛け合って死に物狂いでトラックを探すなど、無事納品するまで責任もって担当しています。その分、卸の方から感謝の言葉をいただいた時には大きな手応えを感じますね。細かな制度や契約内容、販売数量から在庫の管理まで、幅広いスキルや知識も身に付き、達成感や使命感と共に多くのことを吸収できる業務です。職場では、困ったときにも頼りになる先輩方がサポートしてくれ、改めてチームワークの大切さを実感させられています。

宗田 亮輔

将来の夢・目標

周囲に影響力を及ぼせる存在に!

周囲の先輩たちの姿からも刺激を受け、改めて目標にしているのですが、人から信頼される人物を目指しています。日々勉強し、経験を重ね、JAや取引先の方々からの要求には迅速かつ正確に応えていけるようになりたいです。また、心に余裕をもって周りの方々をサポートできるように成長していきたいです。

職場の雰囲気

アウェイ感ゼロのアットホームさ!

先輩や上司は面倒見のいい方ばかり!各々が仕事に対する責任を持っており、よい緊張感のときもあれば、冗談を言い合うリラックスした空気が流れるときもある、メリハリの効いたアットホームな雰囲気の職場です。また、1年目からでも責任ある仕事を任せてもらえ、しっかり成長できる環境です。

宗田 亮輔

内定者の声 ~ 私が全農を選んだ理由 ~

  • 内定者の声
  • 上京してきて、自分が住んでいた県の農畜産物の美味しさを改めて実感し、その美味しい農畜産物を日本中、世界中に広めたいと思ったからです。また、地域に密着した仕事ができると思ったからです。
  • 祖父母が農家で幼い頃から収穫の手伝いをしていた経験などから、担い手不足の問題などを身近に感じていたので、全農でならこのような問題の解決に関わることができると思ったからです。
  • 私は山形の農業をこれまで以上に発展させたいと考えています。そこで私は山形の農畜産物の魅力を全国に発信することのできる全農山形を選びました。
  • 山形、日本全体の農業の発展に貢献したいと強く思ったからです。特に農産物のブランド化に従事したいと思っています。
  • 山形県の農畜産物を全国、世界にPR発信していきたいと思ったからです。
  • 人の暮らしを豊かにしたいと考えたとき、食の根源である農業から支援することによって、地方活性化を行うことができると考えたからです。JA全農に所属することがそれを可能にし、生産者とともに成長したいです。

コース別INDEX