RECRUITING INFOMATION

全農人物録

最適な資材供給を通じて
生産者の売上に貢献!

金谷 充泰

金谷 充泰

ATSUHIRO KANATANI
  • 富山県本部
  • 営農販売部 園芸特産課
  • 平成22年入会

中学・高校・大学と剣道部に所属し、高校生の時に個人で県ベスト8に入るほどの腕前の持ち主。現在はスノーボードに夢中で、毎年、志賀高原や白馬など県外に遠征してしまうほどハマっている。オフシーズンはジムに通って体力作りにも余念がない。

主にJAに対して、生産者が使用する資材を販売する業務を担当しています。JAと連携し生産者に訪問して情報収集を行い、メーカー・市場・県職員などと協力して、段ボール資材や園芸資材、一般農産、花き関係の推進と幅広く従事しています。中でもメインは、園芸に関する資材供給。推進資料を作ってJAに案内したり、新商品の試験を行って効果を伝えたり、県職員と協力して新規生産者向けに商品説明をしたり…仕事に際限はありません。まずは、JA・農家に対して誠意を尽くし、何ができるのか考え、自分なりに動いてみることが重要だと感じています。自分自身の器量が試される職場や仕事ですが、だからこそやりがいを感じていますね。配属当初は、新規の段ボールや袋を作成する際、業者に依頼して作成することが多かったのですが、現在は生産者の要望を生かしながら、コンプライアンス上問題がないか、使用する上で不都合が生じないかなど、様々な視点からリスクを洗いだして、時には生産者の方に理由を説明した上で正しい方向に誘導するようにしています。現場に出向くことが多く、生産者の方・JA職員から様々な依頼があり、至急対応してくれという案件も多く、迅速な動きが求められます。プレッシャーを感じながら取引先と交渉を行い、生産者・JA職員の要望に応えられたときは、大きな満足感がありますね。

金谷 充泰

仕事の面白さ

自ら発信で生産者の売上に貢献できること!

本県は、園芸品目の生産が少ないので、新たに取り組むことも多く、イチから自分で考えてアクションを起こすまで苦労することも多いです。その分、自分で考えた提案が生産者・JA職員から認められたときは大きな充実感を感じます。仕事を通じ、チャレンジ精神が磨かれました。

将来の夢・目標

資材調達のスペシャリストになる!

段ボール資材、園芸資材、一般農産資材、花きに関する知識をもっと深めて「金谷にまかせておけば、なんでもしっかり準備してくれる!」とJAや生産者さんから信頼される存在になるのが目標です!

内定者の声 ~ 私が全農を選んだ理由 ~

  • 就職活動を始める際に地元に貢献出来るような仕事に就きたいと考えました。全農では、全国の農家を支えることに加え、地域レベルでも活躍の場があることを知り、全農で働くという選択をさせていただきました。
  • 農業や食について興味があり、地元に貢献する仕事につきたいと思ったからです。
  • 実家が米作りの兼業農家であるため、農業分野にはとても興味があり、また富山が大好きであるため、富山の米作りをはじめ農業分野で富山県を盛り上げていきたいと思ったからです。
  • 幼い頃から祖父母の田んぼ作業を手伝っていたりしていたこともあり、他業種より強い関心があったことが大きな理由です。

コース別INDEX