RECRUITING INFOMATION

全農人物録

生産技術や品質の向上に挑み続け、
鳥取県産品の魅力を高める!

中林 光

中林 光

HIKARU NAKABAYASHI
  • 鳥取県本部
  • 園芸部 野菜花き課
  • 平成27年入会

大学が農学部ということもあり、農業に関わる仕事がしたいと思ったことが、入会のきっかけ。就活時に大学の企業説明会に参加したことも影響が大きかったと振り返る。食には不安があってはいけない。だから、安心な国産の農産物を提供することを使命に、今日も任された仕事に全力で向き合っている。

現在、私は主に椎茸の担当と種苗の購買関係の業務を担っています。椎茸では、鳥取県椎茸生産組合連合会、鳥取県しいたけ品評会の事務局を運営し、販売促進、指導員研修会や県品評会を通じ、生産技術・品質の向上に取り組んでいます。中でも、鳥取県しいたけ品評会の開催を任されたことが印象に残っていますね。それまでは、仕事を引き継いだこともあり、イベント内容や行程がすでに決まっている中での運営でした。はじめて企画段階から関わり、進行していくため、開催地のJAや生産部と協議してイベント案を練り、品評会の表彰式についても県や関係団体と協議して企画を立案。いちから関わって人員の配置やイベントのスケジュール、予算など、色々組み立てないといけないため、実際に事務局として運営している充実感と共に、例年より出品数も多く品評会も滞りなく進んだことで、しっかり成長できたと実感しました。また、アンテナショップでの販売促進でも、思い出があります。実は土日に販売促進を行う予定が、店舗で他の販促とブッキング。日程を平日に変えて敢行!人が集まるのか心配でしたが、見込んでいたより集客があり、特に主婦層が多く様々な意見が聞けたため、有意義な販促になりました。しかし、用意していた商品が完売まではいかなかったことが心残りに…。次の販売促進は土日に開催して、試食品などを吟味して取り組みたいです!

中林 光

JA全農の魅力

自分磨きに最適な環境!

仕事に取り組みやすい環境だと思いますね。また、入会2年目、5年目研修といった継続的な業務のフォローアップ体制をはじめ自己啓発の様々な研修・セミナーが用意されていて、着実にキャリアアップに臨める環境があるところも、大きな魅力でしょうね。

仕事の面白さ

滞りなく業務を進められた時!

会議資料作成、メール確認・対応、産地の資料作成、各地区の情報収取、電話対応、決裁書・稟議書の作成、実績の取りまとめ…多岐にわたる業務に加え、会議がある場合は午後からのスケジュールが埋まってしまうため、仕事の段取りをつけながらスムーズに進めた時、達成感を感じますね!

イベントなど多彩な取り組みを積み重ね
産地と消費者をつなぐ存在に!

谷口 麻美

谷口 麻美

MAMI TANIGUCHI
  • 鳥取県本部
  • 園芸部 野菜花き課
  • 平成28年入会

休みなどの日は、読書や運動、絵を描いたり、映画を観たり、飲みに行ったり。時には地元の運動会やお祭りに参加することも。趣味と呼べるものはないと謙遜しながらも、体を動かすことが好きな性格のもと、様々な過ごし方で自分の時間を満喫している。

何か困りごとがあると、周囲のみんなが助けてくれる━━そんな雰囲気の園芸部の職場で、私は野菜関係を担当しています。消費拡大・販売促進を目的とした業務が多く、試食宣伝や講習会などのイベントに携わったり、販促資材の提案を行ったりしていますね。また、FacebookなどSNSを利用して園芸部の情報を発信する役割も担っています。普段はデスクワークの割合が多めですが、時には催事などの運営業務を通じて、生産現場と密に動く仕事もありますね。中でも、生産者の方と県外にらっきょうの漬け方講習会に行った時のことが、今まで出一番印象に残っています。参加された消費者の方から「遠いところからありがとう」「今まで失敗していたけど今年は上手に漬けれそうね」など、嬉しいお言葉をいくつも頂きました。講習会はとても温かい雰囲気で、地元で食に関わる仕事がしたい!と入会した私にとっても、大満足の結果に。産地と消費者をつなぐ、こうした場に携われたことが、とても嬉しかったです!

谷口 麻美

成長を感じた瞬間

できることが増えていく時!

日常的なことですが、外部からかかる自分宛ての電話が1年目より増えたことですね。関係先の知り合い、そして対応できる内容が増えたと実感しています。そんな中、季節的な業務が多く、ひとつひとつの仕事のチャンスは1年に1回しかないためプレッシャーもありますが、「次回をもっといいものに!」という想いで臨んでいます!

JA全農の魅力

農業と暮らしをつなげる存在!

産地と消費者を結ぶ活動ができることが、一番の魅力です!また、休日がしっかり取得でき、ON/OFFちゃんと切り替えながら取り組める環境が整っているのも、大きな魅力だと思います。そのもとで、産地や生産者の想いをくみとり、消費者につないでいくことのできる存在になることが目標です!

内定者の声 ~ 私が全農を選んだ理由 ~

  • 内定者の声
  • 難しい状況にある鳥取と農業をどうにかしたいという思いがあり、地域に根ざしたかけがえのない役割を果たしているJAの中でも、スケールの大きい活動をしている全農ならこの状況に挑戦できると思い志望しました。
  • 鳥取の梨やスイカを食べたときに、美味しいと感じて、その美味しいを届けてくれた農家の方々のために働きたいと思ったからです。
  • 私が御会を志望したのは、組合員の方や地域の皆様の立場や想いと向き合い、生まれ育った地元で、地域に貢献していきたいと思ったからです。
  • 人事の方や先輩職員の人柄の良さや明るい雰囲気を見て、ココだ!と思いました。やりたい事ができる仕事は確かに大切ですが、仕事をする環境も大切です。私はこの環境で仕事をしたい!と感じ、全農を選びました。
  • 地元鳥取県の強みである青果を通して、地元農業を盛り上げたいと思ったからです。

コース別INDEX