RECRUITING INFOMATION

全農人物録

生産現場と密に連携して
肥料の安定供給で岡山の農業を下支えする!

太田 衣美

岡田 知里

CHISATO OKADA
  • 岡山県本部
  • 生産資材部 肥料農薬課
  • 平成27年入会

好きなことには時間もお金も惜しまないがモットーで、ライブ参戦が趣味。好きなアーティストのライブを見るのが最高のストレス解消!と、年に何回か全国各地に遠征に繰り出すほど。また、高校から続けているハンドボールでは、当時のメンバーとチームを組み、休日には練習や試合で汗を流す。職場の野球部にもマネージャーとして参加している。

肥料の企画購買を担当している私は、全国各地のメーカーと受渡の相談をしたり、肥料の価格交渉を行ったりしています。最近では、数多くある肥料の品目数を集約し、より低コストな肥料の提案を仕掛けたりしたりしています。まだ肥料担当1年目ということもあり、安定供給できることを第一義に、日々試行錯誤。普段の業務を通じて品目知識を学ぶことも、ひとつの大切な仕事だと思っています。入会してから2年間は、米穀部に所属しており、黒大豆や小豆、酒造好適米(簡単にいえばお酒になるお米)などの販売に携わっていました。現在入会3年目ですが、肥料農薬課へ異動になり、同じ農業に関わる仕事でも、栽培面に関わる場面が増えましたね。異動当初は、まったく違う目線で行う業務ばかりで、また1年目からやり直す気分だ…と落ち込んでいました。しかし、毎日が目新しい内容ばかりであることは、自分の知識が徐々に増えていくのと同じ。それがダイレクトに実感でき、自分の中で「農業」の世界が広がりましたね。仕事に対しての面白さも感じます。また、販売業務に携わっていた経験を活かすことで、栽培から販売までを一本の線に結び付けることができるのは、自分の強みになっています。今後は、もっと専門的な知識を増やし、ニーズにあった農作物を栽培していくにふさわしい、最適な肥料を提案していけるようになりたいです!

岡田 知里

成長を感じた瞬間

自分で完結して対応できたとき!

3年目を迎え、1つの問い合わせに、最初から最後まで1人で対応できたときですね。担当内外問わず、様々な問い合わせを受けるのですが、自分が関わっている業務はもちろん、担当外の内容でも電話を切らず対応できたとき、成長できているなあと感じます。

仕事の面白さ

地域密着で農業に貢献!

机上の空論だけでなく、現場に出てJAや生産者の方から生の声を聞き、いろんな地域の農業を知ることができるときです。「見えない組織」と言われる全農でも、様々な経験を通して、どういう企画をすれば生産者に喜んでもらえるか?と地域を支える存在として試行錯誤できることは、県域ならではの面白さを感じます。

岡田 知里

内定者の声 ~ 私が全農を選んだ理由 ~

  • 食とヒトは切っても切れない関係でその架け橋になれるような仕事をしたかったからです。また県域コース等があり、その地域ごとの特性を活かしながら仕事できることに魅力を感じたからです。

コース別INDEX