RECRUITING INFOMATION

全農人物録

幅広い園芸品目の生産者と密に
現場目線で収量UPに向けチャレンジ!

山﨑 佑剛

山﨑 佑剛

YUGO YAMASAKI
  • 長崎県本部
  • 総合営農推進センター
  • 平成27年入会

趣味は読書。本はよく買う方で、本棚に並んでいくのを見て楽しむタイプ。目下、本棚を置くスペースをどうするかが悩みの種。できるだけ体力を維持するべく、時々走りにいくなど運動するよう心がけている。休日は、リフレッシュで近くの温泉に行くことも。時期によっては実家の農作業の手伝いも欠かさない。

私が所属している総合営農推進センターは、県本部所在地から離れた出先の部署。園芸、肥料農薬、農機の職員が在籍しており、部署の垣根を越えた連携を目的にしながら、現場対応を行っています。そこで私は園芸担当として園芸品目の生産指導業務を担っています。品目の主担当は、県本部の園芸部内で受け持っており、私の所属部署では品目で区切らず、全品目の補助的な担当という形をとって動いています。いちご、アスパラガス、南瓜、馬鈴薯、玉葱…品目は本当にバラエティに富んでいますが、現在はいちごとアスパラガスをメインに動くことが多いですね。業務内容としては、各農協や生産者に対して作物の生産指導・振興が主な役割です。具体的には、圃場に赴き、生産者への管理の助言や他産地の状況を踏まえた情報提供、新しい品種や肥料・資材の試験・導入検討などに携わっています。ある日、1人でいちごの圃場を回っていた時、微量要素欠乏のような症状の葉をみつけました。生産者の方に時期的に施用するよう推奨している、微量要素を補う肥料を投入したか確認したところ、「忘れていた!来てくれてよかったよ!」と言っていただき、感謝してもらえたのが印象に残っています。まだまだ技術的にも未熟で、圃場に行っても勉強させてもらうことが多い中、その生産者の言葉は、今でも大きな励みとなっています!

山﨑 佑剛

職場の雰囲気

多様性に富む関係者と一致団結!

様々な部署の職員が在籍する職場では、肥料農薬担当の方と「今度こんな研修会あるけど来る?」「こんな試験やるんだけど、現地を一緒に見に行こう」と連携することも多く、会話がしやすいとてもいい雰囲気。また、隣には肥料や資材の物流センターもあり、そこの職員も含めてとても賑やかな職場です!県本部に籍を置く職員が立ち寄ることも多く、本当に様々な部署の方と交流ができる、仕事を進めやすい環境です!

将来の夢・目標

先輩に追いつき追い越せ!

農業に携わると1年1度きりのことばかりで中々大変ですが、早く実力を身につけて自分が思うように仕事ができるようになりたい!入会当初「10年は投資期間。焦らなくていい」と声をかけてもらい、非常に気持ちが楽になったのですが、決して「10年あるから大丈夫」と怠惰な意味ではなく、今、自分ができるベストを尽くし、周囲の尊敬できる先輩のようにスキルアップを果たしていきたいです!

山﨑 佑剛

内定者の声 ~ 私が全農を選んだ理由 ~

  • 内定者の声
  • 異常気象や農業従事者の高齢化など地域農業が抱える問題が大きい中、地域農業の活性化に貢献でき、生産者と消費者の両方と関わりながら刺激を受け、自分自身の成長につなげることができると思ったからです。
  • 高校から大学まで農業について学んだため、農業に関する職に就きたいと決めていました。私は、農家の方と協力しながら農業をより良くしていきたいという思いがあったため、全農を選びました。
  • 全農ながさき直営の「長崎和牛焼肉ぴゅあ」を全国1の焼肉店にしたいと思ったからです。
  • 祖父母が農業を営んでおり、自分も農業に関わる仕事、農家の方と関わる仕事がしたいと考えたためです。
  • 農業に興味を持っており、地元である長崎から全国へ農業という分野を広めていくとともに生産者と消費者とを繋ぐ架け橋となることへの貢献をしたいと思ったからです。
  • 自分のやりたいことが出来、責任感のある仕事を任せてもらえると感じたためです。

コース別INDEX