RECRUITING INFOMATION

全農人物録

「生産振興」と「販売力強化」の役割を
しっかり担い、県産青果物をグローバルに発信!

河脇 悠人

河脇 悠人

YUUTO KAWAWAKI
  • 広島県本部
  • 園芸・資材部 園芸課
  • 平成27年入会

小さい頃からバイクに乗るのが夢で、バイクをいじったり、ツーリングしたりが趣味に。大学卒業前には、バイクで日本ほぼ一周(残念ながら沖縄県には行けず!)を敢行するほど。特技は、ブレイクダンス、ギター、英会話。休日はほぼバイクのメンテナンスやツーリングに勤しんでいる。

私の所属している部署では、大きく2つの役割を担っています。1つ目が広島県内の各地域に適した野菜を推奨しながら、野菜生産量を安定的かつ増やしていく「生産振興」。そして2つ目は、生産された野菜を流通し、販売につなげていく「販売力強化」。私は広島県でもよく消費されるキャベツの生産を、県内全体に推奨していく担当です。日頃は、県内のJAに出向き、キャベツの生育状況の確認や、出荷計画(いつ頃収穫して、どれくらいの量がどれくらいの期間出荷されるのか)を取りまとめ、その計画をもとに市場や取引先に対して販売提案していきます。キャベツが徐々に大きくなって、結球(葉が重なって球状になっていくこと)し始めるのを見ると、野菜も生き物なのだなと感慨深いですね。また、苗を植えて量販店に並ぶまでの栽培管理は大変で、農家の方には頭が上がりません。広島県産キャベツがより多くの消費者へ届けられ、求められるものとなっていくよう、市場や量販店・加工業者へ販売提案していきたいです。そうすることで、キャベツ生産者のみなさんに少しでも貢献できると、日々奮闘しています。キャベツの他にも、広島県産農産物の海外進出に向けた試験や販売提案を、全国本部と協力しながら展開。これまで広島県産アスパラガス、白ねぎ、西条柿を、香港やシンガポールへ輸出するまでに漕ぎ着けました。海外の実需者からも高評価をいただき、定期的な輸出につながったものも。手応えを感じる瞬間ですね。まだまだ手探り状態ですが、生産者・JAの方からも「自分が育てた野菜が海を渡る」と喜んでもらえ、単なる販売力強化ではなく野菜栽培に対する生産者のモチベーションアップにつながっていると感じました。今後も「生産振興」と「販売力強化」の2つの役割がしっかり機能するよう意識しながら、仕事に臨みたいです!

職場の雰囲気

人懐っこい先輩たちに囲まれ楽しい!

業務上、JAや生産者のもとを訪れることが多く、なかなか全員が揃って事務所にいることはありません。ただ、人と交渉したりコミュニケーションを取ったりしないと進まないことばかりなので、人懐っこい人が多いです。冗談のよく飛び交う職場で、何かうまくいかないことがあって落ち込んでいるときも、和ませてもらえますね。そして、何事もとことんやりきるタイプの方が多いです。仕事はもちろんですが、遊びも(笑)。親睦会などがあるときはとことん楽しんでいます!

JA全農の魅力

トライ&エラーを推奨する職場で成長を実感!

若手職員の立場からすると、自分で考えて行動して失敗する機会を与えてもらえるところです。自分だったらこう思うという意見を持たせてもらえることは、やる気にもつながっていますし、スキル向上にもつながっていると思います。また失敗した際には、何で失敗したか、どう対処していくかを、上司や先輩が親身になってアドバイスしてくれたり、一緒に動いてもらえるところも魅力ですね。

地域の畜産環境向上に向け
実験牧場で牛と対峙しながら創意工夫!

兵庫 真理

兵庫 真理

MARI HYOUGO
  • 広島県本部
  • 畜産部 畜産課
  • 平成25年入会

食べることが好きで、日本の美味しいものが食べられなくなるのを防ぐために何かできることはないかと入会。趣味は読書。学生時代に比べ嗜好が変わり、最近はビジネス書などにも目を通す機会が増えた。また、水族館や美術館での鑑賞も含め旅行に出かけるのが好き。

私が所属する畜産課には、肥育と繁殖の実験牧場があり、そこで現在、実験牧場のデータ管理・分析や設備更新などを担当しています。今年度は行政やJAと密に協力し、飼料米を使用した発酵飼料を製造。和牛に給与する試験に携わっています。和牛が好む飼料を作り、1頭あたりの肉量を増やしながら肉質を良くすることによって販売額を上げることを目指しています。また、国産の飼料米を使用することで、原油価格や為替に影響されにくく、主食用米の価格安定に貢献できるような飼料にしたいという狙いもあります。試験結果を県内で共有し、畜産農家に取り入れていただくことで、生産者に貢献することが最終目標ですね。一方、素牛不足で子牛価格が高騰する中、繁殖農家の高齢化・減少が問題となっています。そこで、新しく独立就農される方や規模拡大に臨む方のサポートとして、繁殖牛(子牛を取るための母牛)の分譲も担っています。具体的には、受精卵販売協力(繁殖牧場の牛からの採卵)や、行政や全農の補助を活用した低価格での繁殖牛の販売などなど。少しでも役に立てるよう、一生懸命に取り組んでいます。

兵庫 真理

職場の雰囲気

上下の差なくコミットできる!

新人でも発言しやすいところです。頭ごなしに否定されることがなく、効率的に理解ができますし、会議などでも自然と発言が増えます。そんな風通しの良い職場のため、失敗などの悪い報告もしやすい雰囲気です。仕事以外の人間関係も大切にしようと、特に職場のサークルや部活には入っていませんが、駅伝に参加したり、お酒を飲みながらのボーリングも仲間と楽しんでいます。

JA全農の魅力

全部署一丸で生産者に寄与!

畜産業の部署であっても、総合的な提案ができることが魅力です。部署間によっては利益が相反することもありますが、生産者のためにどうするのが良いか、落としどころを探った上で総合的に提案できることこそ、全農ならではだと思います。また、事業の結果が統計資料 (販売額・供給額・生産頭数など) としてはっきり返ってくることも達成感のひとつです。

兵庫 真理

コース別INDEX