RECRUITING INFOMATION

全農人物録

消費者と生産諸をつなげ
県産青果物の魅力を全国区へ!

髙橋 紗織

佐々木 純平

JUNPEI SASAKI
  • 秋田県本部
  • 園芸畜産部 園芸課(県南園芸センター駐在)
  • 平成25年入会

写真撮影や登山が趣味。田舎育ちで自然に触れ合うことが好き。週末は家の中にいるよりも出かけることが多く、山登りや釣り、ボルダリングなど、身体を動かしてリフレッシュするように心がけている。秋田=米のイメージだけでなく、えだまめや椎茸など全国に誇る青果物をさらにPRして、県産青果物のおいしさを知ってもらうのがテーマ。

所属する園芸課で、県内の野菜、果実、花きなどの青果物全般の生産振興をはじめ、流通・販売を担っています。私の担当は、県南地区の2つのJA地区担当。販売戦略の構築から生産面の課題解決など多岐にわたる業務に取り組んでいます。各JAの担当者はもちろんのこと、生産者とも日頃から協議を重ね、販売目標の達成に向かって日々業務に励んでいるところです。昨年まで東京に設けられた園芸事務所に在籍しており、都内のスーパー・量販店で販促活動を行う機会が多くありました。実際に店頭に立って秋田の野菜をPRしていると、「今年も待っていた」「初めて食べたけどおいしい」など消費者の反応を直に感じとることができました。消費地で感じられた反応を、今、産地に戻り生産者に伝えていくことで、生産意欲の向上、品質のアップにつなげる“架け橋”役として動けていると感じます。早くから東京園芸事務所に駐在したことで、生産地からの一方的な視点だけでなく、消費地側の視点でも生産・販売について考えられるようになり、成長も実感しましたね。そこで育んだ視点を忘れずに、現在の地区担当の業務でも活かしていければと臨んでいます!

佐々木 純平

JA全農の魅力

現場と密に農を育んでいける!

園芸部門は特に生産者と直接お話しする機会が多い部門です。様々なお叱りを受けることもありますが、一方で直接「良くやった」「ありがとう」の言葉を頂けることも。それらの声を次の仕事のやりがいにつなげられる職場だと思います。また、若手でも大きな仕事を任せられたり、様々な経験を積むことができる環境が備わっているのも魅力ですね。

仕事の面白さ

スペシャリストへの成長を実感!

入会1年目から園芸部門に携わっていますが、多種多様な品目や流通の仕組みがあり、はじめは戸惑うことばかりでした。しかし、2年目、3年目と業務をこなすうちに少しずついろいろな知識、経験が身に付き、自分のやってみたいことなども明確になりつつありますね。青果物の生育や販売は毎年毎年違った動きをするため、一年一年が勉強だと気持ちを引き締めチャレンジ中です!

内定者の声 ~ 私が全農を選んだ理由 ~

  • 内定者の声
  • 秋田県の農業は現在変革の真っ最中で、その変革に携わりたいと考えたからです。また秋田全域に関係する仕事がしたかったからです。
  • 秋田県の活性化のために、生活に欠かせない食の面からアプローチしたいと思いました。また、一つの大きな組織であることから全国からみた秋田、といった広い視野での活動ができると考えました。
  • 秋田県を農業という視点から支えたいと考えたからです。秋田のイメージといえば米ですが、近年は他の農作物も脚光を浴び始めています。この新しい強みをさらに増やし、大きくしたいと考えています。
  • 自分の地元である秋田で地域に密着した仕事がしたいという思いがあり、大学で学んだ分野を活かして仕事ができるチャンスだと思ったからです。
  • 利益追求を目的とするのではなく、組合員である農業従事者の方々の経営や生活の向上を第一 とする理念に深く共感し、入会を希望致しました。来年度から相互扶助の精神を胸に全農職員 の一員として邁進してまいります。

コース別INDEX