RECRUITING INFOMATION

JAグループをリードする人材を育成するために、多彩な教育研修プログラムを用意しています。

入会後の研修

受入研修(約4日間)

入会後約4日間、研修施設(営農・技術センター)にてJA全農の事業概要やビジネスマナー等を講義やグループワークを通じて学習します。

JA研修(約2週間)

全国各地のJAに研修生として受け入れてもらい、現地での業務や農業体験、農家・組合員との交流を通してJAの役割やJAグループのつながりを学びます。

米穀事業

面談制度

年に3回上司と面談を行い、業務目標および能力開発目標を設定し、その進捗を確認します。

面談制度 面談制度

研 修

階層別研修

若手研修、中堅研修、管理職研修、経営職研修といったそれぞれの職歴に合わせて身につけるべき知識や技能を習得します。

課題別研修

協同組合理念、農協法、財務、プレゼンテーション、コンプライアンス、メンタルケア等職員として必要な知識を学びます。

自己啓発

語学、マネージメントスキル、マーケティング、資格取得など通信教育を中心とした約250講座の自己啓発支援があります。

研修

豊かな人生を応援する、福利厚生制度

休日・休暇に関する制度

休日

完全週休2日制、国の定める祝日・休日、年末年始

年次休暇

年間最大20日間(初年度は15日)、最大20日まで次年度に繰越可能

特別休暇

夏期休暇、転任休暇、慶弔休暇、公務休暇、生理休暇、ボランティア休暇など

休日・休暇 制度
毎年長期休暇を取って海外に行っています。
今回は1週間の休暇を使ってフランス・ベルギーに行ってきました!
(本所 燃料部 三島優香)

出産育児に関する支援制度

出産休暇

産前産後14週間。

育児短時間勤務

子供が小学校に就学するまで。1回につき30分、1日3回以内。

妊娠中の通勤緩和

始業時および終業時それぞれ30分の時差出勤。
もしくは始業時または終業時にまとめて60分とることもできる。

出産育児 支援制度
育児短時間勤務制度を利用することで、毎日保育園への送り迎えができ仕事と子育ての両立が出来ています。(本所 麦類農産部 濱田悠花)

その他

穂っとボウリング

職員のコミュニケーションの促進を図るため、全職員参加型ボウリング大会を毎年実施しています。全国順位(スコア)で表彰も行っています。

出産育児 支援制度

クラブ助成

野球、テニス、剣道、フットサルなどのクラブ活動を支援しています。

出産育児 支援制度
全国大会予選突破に備え、練習に励んでいます。部署や世代を超えて仲良くなれますし、なにより練習後のビールは格別です^^!!
(福岡県本部 園芸部 井口浩兵)